「防犯ボランティア“ある!ある?”かるた」のご紹介

今年の3月ごろに荷物が届きました。
荷物を開封してみるとカルタが入っていました。

このカルタは、
2018年の奈良県防災士養成講座にて
摂南大学法学部の中沼丈晃先生の講座を受講したときに紹介いただいた
「防犯ボランティア“ある!ある?”かるた」
でした。

希望させていただいたカルタが1年以上の時を経て届いたのでした!
※お忙しい中、中沼先生おひとりでカルタの制作を行っておられます。

ここで中沼先生についてご紹介します!

摂南大学で、地域や小学校区の安全見守り活動を
研究室の学生さんたちと行っておられ、
その活動は「青パト活動」と言われています。
学生さんが子供たちのみならず地域の方々と顔見知りになり親しくなることで、
地域に根差した見守り活動を実現されています。

また、青パト活動以外にも
様々な活動を行ってられ、
地域を中心とした安全・安心まちづくりを研究されています。

神功・右京地区では
2022年4月には施設一体型小中学校が開校となりますが、
子供たちの安全・見守り活動について
中沼先生の活動が参考になるのではないかと思いました。
※上級生である中学生による、校外での小学生への声掛け活動など

さて、いただいたカルタですが、
2種類に分かれています。

オレンジ色枠のものが「パトロール編」です。

緑色枠のものが「啓発編」です。

ときどき家で子供を交えてカルタを行うのですが、
防犯対応について「はっ!?」とさせられる内容も書いてあり、
面白いですし参考になります。

執筆:事務局(u)

防災訓練などでみなさんに見ていただけたら・・・と思いましたが、
まずはホームページでご紹介させていただきました。

子どもの溺水に注意

梅雨は何処へやら、蒸し暑い日が増えてきました。

子どもたちは学校でプールの授業もスタートし、本格的な夏も目前です。

さて、「子どもは静かに溺れます!」というワードを耳にしたことがありますか?

特に乳幼児は「静かに」、「早く」溺れます。

何を隠そう、私自身も我が子が赤ちゃんの時、自宅で入浴させていたときに、抱っこしたまま浴槽でうとうとしてしまい、ほんの数秒とはいえ子どもがお湯の中で静かに目を開けていて、慌てて引き上げたことがあります。

子どもが溺れかけたケースの9割は浴室だとも言われています。

自宅だけではなく、これから海や川へのレジャーへお出かけする機会も増えると思います。

大人だとなんてことない浅瀬でも、子どもは思いがけず水に落ちるとパニックになって立ち上がれないこともあります。

さらに水深10センチであっても、子どもは鼻と口が覆われてしまえば溺れます。

子育てをしている方はよくお分かりだと思いますが、子どもから一秒も目を話さずに育児をすることは不可能です。

それでも、見守る目を増やしたり、対策をすることで事故を防ぐことができます。

近所には池のある公園もあるので、十分に気をつけましょう。

万が一、子どもが溺れてしまった場合の応急措置を知ってきましょう。

1、平らな場所に寝かせる。

2、大きな声で呼びかけて反応を見ます。反応と呼吸がなければ直ちに胸骨圧迫と人工呼吸を開始します。

3、同時に応援を呼びます。119番通報し、救急車を呼びます。でも誰もいない場合は、まず胸骨圧迫と人工呼吸を2分間行ってから、119番通報しましょう。

防災コラムVOL.16(避難所開設10)

前回のコラムで、避難所は開設後に時間の経過によって、その運営内容が刻々と変化していくことにふれました。

災害発生直後の混乱状況の中で運営する「初動期」
避難所に慣れる「展開期」
落ち着いてくる「安定期」
必要性がなくなってくる「撤収期」

特に発生直後は市の職員がすぐに到着もできない為に、地域の住民同士で協力し合う必要があります。

その為に、次のような事前の備えが必要です。
・避難所運営のマニュアル作り
・情報共有
・訓練でシミュレーション

その中でも特に「避難所運営」に関しては、いざという時に円滑に運営できるような体制を作っておく必要があり、その体制作りの第一歩となる「(仮称)神功避難所開設・運営委員会」設立準備会議が開催されました。

実際に避難所を開設するにはいろいろなことを事前に決めて準備しておくことが必要なので、この委員会が発足することによって神功地区オリジナルの「避難所運営マニュアル」が出来るのではないかと期待しています。

訓練する
→課題を整理し、検討し、見直す
→また訓練する
→課題を整理し、検討し、見直しす
→…

「避難所運営マニュアル」を作るには、この様なサイクルを地道に続けていく必要がありますが、このことが1つでも多くの命が助かることにつながります。

無事に神功避難所開設・運営委員会が発足できたら、また報告させていただきます。(^O^)/

防災コラムVOL.15(避難所開設9)

前回は、防災防犯協議会主催のもと、初めて地域全体で行った避難所開設訓練のご報告をしました。

訓練では、普段からの繋がりで上手くできた部分と、ぶっつけ本場だったことで戸惑いもあったことを耳にしましたが、今後また訓練を続けて行うことで、新たな結びつきや学びが生まれ、それが災害対応力の向上につながると思いました。

その第一歩として、今月下旬には神功地域全体の有志で集まって、準備会が行われるそうです。

また改めてご報告します!(^_^)v

さて、今まで災害が発生したら、避難所の開設をどうするかを書きましたが、今度はそれをどうやって運営するかを書いてみます。

避難所は、避難してきた人だけでなく、地域の人はもちろんのこと、ボランティア、市の職員、学校の先生など、いろいろな人が関わることになります。

お互いがスムーズに協力できるためにも、その役割と分担を明らかにしておくことが必要なので、避難所を運営する体制を考えてマニュアルにする事が必要になると言われています。

災害発生直後 … 初動期

被災生活の支援期 … 展開期~安定期

ライフラインの復旧・仮設住宅の建設 … 撤収期

このように、災害が発生したあとの避難所は、時期によってその内容が変化していきます。

◆普段からやっておくこと

→地域同士、市の職員と協力体制を作っておくこと

・自主防との協力体制
・建物安全確認の専門家への協力要請
・避難所や防災倉庫の鍵の保管
・避難所のレイアウト決めなど

◆発生直後の初動期にやること(災害発生後24時間)

→避難してきた人と、地域の自主防、市の職員と協力すること

・避難所の開設作業

◆展開期(2日目~3週間)~安定期(3週間目以降)

→避難所運営委員会の体制を作る

・避難者の班を作る
・避難者班の役割を分担
・協力体制の検討など

→避難所運営委員会の活動内容

・細かい活動内容を検討して確定する

◆撤収期(電気・ガス・水道などのライフラインの回復後)

→細かい活動内容を検討して確定する

このように時期によって変わっていく活動内容だけでなく、避難所の運営管理には性別や年齢による役割の偏りや固定化が無いように配慮するなど、様々な取り組みが必要になります。

※もちろん、このような体制を行えるためにも、まずは自分の命が確保できること、家族の命が確保できることが大前提です。

神功ではまだ避難所の運営体制は出来ていませんが、できると安心につながりますね。

【子どもと一緒の避難所生活 体験記】

次回につづく…

防災コラムVOL.14(避難所開設8)

神功地域で初の試みとなる、地域全体を対象とした「オール神功」での避難所開設訓練に参加しました。(^_^)

この訓練は「災害の発生は突然である」ということを踏まえて、事前の準備をほとんどしない、ぶっつけ本番の訓練として実施されました。(^^;)

それでは、主催された神功地区自主防災防犯協議会より許可をいただき、訓練の様子をご紹介します。(^O^)/

午前10時に大規模災害が発生し、11時には避難所となる神功小学校にみんなが集合して来たという想定で訓練は始まりました。

11時にはぞくぞくと人が集まり、自主防災防犯協議会の会長さんより避難所開設訓練の目的が説明されました。

避難所となる小学校の施設を使わせてもらうために小学校の鍵を開けてもらわないといけないのですが、地域で鍵を保管していただいているお二人のうち、一人の方が急きょ体調不良で来られず、もう一人の方に開けてもらいました。鍵を複数で管理する大切さが実感できました。

次に自主防災防犯協議会の支部長から、避難所となる各施設が使えるかどうかの点検をした結果、安全が確保されたので、避難所を開設できますと伝えられました。

そして11時15分頃から、集まったみんなが協力して避難所を開設するための作業がスタートされました。

ぐるっと見て回ると、次のような作業がされていました。

⚫︎救護テントの設置

大きなテントを立てて、机が配置されました。太いパイプを組むので、組み立てるには人数と体力が必要です。

⚫︎避難者の受付

集まった避難者に避難者カードへの記入をしてもらいました。一気に人が集まるのでごった返していました。

⚫︎設置場所等の案内を掲示

どこに何を設置するかの案内がされました。大きくて見やすかったです。

⚫︎体育館の床の割り振り

一人当たりの床スペースの区割り作業がされました。この作業にはかなりの人数が必要でした。新聞紙を使って作ったスリッパ等の展示もされていました。

⚫︎トイレの組み立てと設置

各自治会が持っている簡易トイレを持ち寄り、設置されました。実際の使用には、し尿処理や衛生管理等の問題も考えなければいけません。

⚫︎自家発電による照明

奈良市危機管理課さんの協力で発電機が動かされ、体育館内に灯りをつけました。持ち寄った発電機を動かそうとしたら動かないハプニングもあり、保管するだけでなく、防災訓練等で動かしてみないといけないという声も聞きました。

⚫︎駐車場やテント泊用スペースの区割り

緊急車両や物品搬入車の駐車スペースは体育館横に設けられ、避難者の駐車場スペーステント設営スペースは運動場に作られました。大きなワゴン車を停めても十分な広さと、通行のスペースが確保できるようにロープで区割りされました。

⚫︎非常食の炊き出し

枯れ枝などの薪を運び、かまどにくべて火をおこしていました。今回は訓練なので学校の水道水を使ってお湯を沸かしていました。非常食の試食は、カップのラーメンとカップうどんで、アレルギー対応食としておにぎりが用意されました。

⚫︎ペットスペースの確保

屋根付きのペットスペースが確保され、詳しい説明書きが掲示されていました。

⚫︎洗濯物干し場の確保

学校に置かれてあったものを利用して、ロープを張り洗濯物干しが作られていました。

その他には、ゴミ捨て場や注意看板等、それぞれが工夫をして手作りされていました。(^O^)

今回は、わざとぶっつけ本番で、事前準備をほとんどせずに訓練を行ったので、一部では混乱もあったようですが、防災訓練など日頃から色んな訓練に参加されたりと経験のある方々はやり方をわかっているけれど、全く初めての人はどうしていいかわからない場面もあったようです。

でも…地域の方々が仲良く笑顔で訓練をされていたのがとても印象的で、すごく優しい気持ちになれました。(^_^)

最後にはアンケートの記入をしていただいて、参加者の声を集めていました。

訓練終了後に自主防災防犯協議会の会長にお聞きしたところ…

今回の訓練では「オール神功」ですること、動ける人には皆動いてもらうこと等を目標としました。
現実に、自治連合会に加入していない2つの自治会を含め、社会福祉協議会、民生児童委員会、5つの高齢者団体の協力を得ることができ、沢山の方たちにご参加いただきました。
11時に作業をスタートし13時過ぎには撤収まですべての作業が終わりました。
この地区の皆さんが、日頃から自治会行事、防災活動、グリーンサポート、学校支援などのボランティア活動を通して共同作業に慣れておられることから、ぶっつけ本番の訓練がスムーズに実施できたのだろうと思っています。
皆さんに感謝です!

とのお話でした。(^_^)

以上が今回の避難所開設訓練の様子です…
今後、自主防災防犯協議会より今回のアンケート結果をいただけましたら、またご報告をさせていただきたいと思います。(^O^)/