バッテリー搭載製品の扱いにご注意下さい!

今、世の中には、
「スマートフォン」「携帯ゲーム機」「音楽プレーヤー」・・・など便利な電気製品がたくさんあります。

これらの多くは充電可能な高性能バッテリーによって携帯性が向上しています。

その便利なバッテリー搭載製品ですが、
実は危険な一面もあります。
今回はその一例をご紹介させていただきます。

先日、バッテリー内蔵の音楽プレイヤーを充電していると、
「ポン」という音と共に煙が出てきました。

発火する!?と思い、
慌ててコンセントから引き抜いて
水を掛けて消火することで事なきを得ました。

写真は消化数日後の音楽プレーヤーです。

一見問題なさそうに見えますが・・・

※このあと、音楽プレーヤーの分解を行っていますが、本製品はメーカーによる分解調査後(安全が確認された後)に返却されたものです。

電気機器の分解は危険ですので
”絶対に行わない”で下さい。

このようにプレーヤーの筐体が膨らんでいます。

筐体を開けると、
このように画面は溶けており
一部には焦げた跡が見受けられます。

さらに分解を進めると
金属の板金部品が熱で曲がっていたりしていました。

画面の下に内蔵されているバッテリー部分は
写真のように周辺が溶けている状態です。

このように、煙が出ていたときは
まさにバッテリーが高温で発火寸前であったことが分かります。

今回の音楽プレーヤーは年数が経過して古くなっていて
充電してもバッテリーが長持ちしなくなっていましたが、
ほぼ毎日使用していました。

メーカーであるソニー様の診断結果は以下の通りです。

「長期的な使用とその使用環境などにより充電池が徐々に劣化し、電池内部でのショートを引き起こし、充電池の発煙、発熱の事象が発生したものと推定いたします。

なお、一般的な電池劣化の要因としては、経時的な劣化のほか、機器使用中の高温下における電池ダメージ、電池が充電されていない状況での長期の放置などの影響が考えられます。」

今回は発火する前に異常に気付きましたが、
夜間に発生していたら・・・、留守中に発生していたら・・・、
と思うと大変怖かったです。

そしてこれ以降は、
充電は誰かが部屋にいる状態で行うようにしています。
※夜間などは、寝る前に充電を中断しています。

確認していただければわかりますが、
バッテリーを搭載した電気機器は
皆様の身の周りに数多くあります。

「パソコン」「タブレット」「電話の子機」「携帯扇風機」「デジタルカメラ」「掃除機」「電気シェーバー」など・・・。

今回の記事が、
それらの機器の使用方法を振り返る機会になれば幸いです。

事務局「u」

12月のパトロール報告

12月12日(日)に防犯パトロールを行いました。

9時20分    トンネル公園集合
参加者    5名
池公園をパトロール
10時40分    解散

○パトロールの結果

▪遊歩道に倒れる可能性がある、朽ちた木の幹8本を切除しました。

▪落下の危険がある、枝に引っかかった大きな折れた枝を撤去しました。

※次回の防犯パトロールは3月を予定しています。
ご協力よろしくお願い致します。

11月のパトロール報告

11月21日(日)に防犯パトロールを行いました。

9:20 トンネル公園に集合

参加者 6名

10:05 解散

○パトロールの報告

▪️防犯、安全について、特に問題はありませんでした。

▪️トンネル公園に設置してある「きけん旗」2枚を移設しました。

▪️道路沿いのゴミを発見都度回収しました。

※次回は12月に行う予定です。ご協力をお願いします。

防災訓練が行われました。

令和3年度の神功三・四丁目合同自主防災訓練は秋晴れのもと無事、10 月 10 日(日)に安否確認訓練(タオル・LINE)を行うことができました。

昨年に引き続きコロナ渦でも出来ることを模索し、新たに配信動画の視聴もありました。本部でのトランシーバー交信はハプニングもありましたが、今年もたくさんの自治会員の皆さまに参加いただきありがとうございました。また来年度に引き継いでいきたいと思います。


◆三丁⽬「安否確認訓練」の結果
タオルで参加 175世帯
LINE で参加 44名
※三丁⽬の⾃治会加⼊世帯は 226 世帯(休会除く)ですが、約 77%の世帯
の⽅に訓練に参加していただきました。昨年は 75%でした。


◆四丁⽬「安否確認訓練」の結果
タオルで参加 148世帯
LINE で参加 61名

今後いざという時には、タオルや LINE で安否確認が出来ると、訓練しておけば頭の片隅にでも入り、覚えておけます。

動画の撮影や編集も協力し合いながら作りました。視聴していただいた方からは、初めて知りましたと喜ばれたりしました。

例年のように大人数で活動はできませんでしたが、ネットを活用しつつ、各自でできることを大切にしました。

本当にありがとうございました!